‘未分類’ カテゴリー

免許証の取消処分者講習制度

運転免許の取消処分者講習制度は、過去に運転免許の取り消しや拒否の処分を受けた人、もしくは6ヶ月以上の国際運転免許の運転禁止処分を受けた人が、再度運転免許証の交付を受けるために必須としている講習制度のことです。この講習を受講し終えると「取消処分者講習修了証書」が交付されます。証書は1年間有効で、有効期間内に運転免許試験場で技能試験と学科試験に合格すれば、運転免許を再取得できます。有効期間が過ぎた場合は、再度講習を受けなければなりません。
取消処分者講習制度を利用する流れは、まず運転免許試験場や指定の自動車教習所に電話か来場をして講習の申し込みをします。申し込みの際に講習日が指定され、指定日に予約した講習場所に行って講習を受けます。講習は座学による講義や実車による指導などで構成されており、2日間で計13時間となっています。この2日間の講習を終えた後に修了証書を受け取ります。
取消処分者講習を受ける場合には用意しなければならないものがあります。講習の予約時に必要となるものは、健康保険証やパスポートなどの本人の身分が証明できる書類や、運転免許の取消や拒否に関する処分通知書、印鑑などです。また、講習の受講時に必要となるものは、申し込みの際に交付される講習の受講に関する書類、筆記用具、印鑑、直近6ヶ月以内に撮影された写真2枚、講習手数料31,850円などです。講習手数料は1日目の講習で徴収されます。なお、四輪の講習を受ける場合は、事前に仮免許の取得を必要としている場合があります。

免許証の取消し・停止への不服申し立て

交通違反を犯すと、場合によっては免許取り消しや免許停止といった行政処分が行われる場合があります。もし、この処分に納得がいかない場合は、都道府県の公安委員会に対して行政不服審査法に基づく不服申立てを行うことができます。不服の申立てが出来るのはあくまで行政処分に対してであり、スピード違反などの軽微な交通違反の場合は行使することができません。軽微な交通違反に対する不服の申立ては、交通反則告知書(青切符)に書かれている出頭先に出向いて行います。
免許の取り消しや停止に対する不服の申立てができるのは処分があった事を知った日の翌日から60日以内で、申立ての形式は不服申立書といわれる書面で行います。不服の申立てを受けた公安委員会は、その事案について審理を行い、処分を全部もしく一部取り消す「承認」、申立ての理由にはあたらないとする「棄却」、適法ではない申立てなどの場合に出す「却下」の3つの中から判断します。その後、審理の結果を記した謄本が不服を申立てた人に送達されます。もし、この公安委員会の裁決に対して不服がある場合は、今度は裁判所へ行政訴訟を起こすことになります。行政訴訟ができる期限は裁決があった事を知った日から6ヶ月以内です。
なお、不服の申立てとは別に、道路交通法では公安委員会が免許の取り消しや90日以上の免許停止の行政処分をしようとする場合は処分対象者から意見聴取を行わなければならないと定めています。免許の取り消しや停止の処分を受けた人は、ここで意見を述べれば、行政処分が軽減される可能性があります。

停止処分者講習で処分期間は短縮される?

何らかの理由で運転免許の停止処分を受けた場合には、停止処分者講習を受ければ処分期間が短縮されます。この講習は任意で受けることができるもので、受けずに処分期間を過ごすこともできますが、早く停止処分の期間を終えたい場合はなるべく受講すると良いでしょう。
停止処分者に対する講習は停止処分の期間により受けられるものが決まっています。講習は、停止期間40日未満の人が対象で講習時間が6時間の短期講習、停止期間40日以上90日未満の人が対象で講習時間が2日間・計10時間の中期講習、停止期間90日以上180日以下の人が対象で講習時間が2日間・計12時間の長期講習の3コースです。どのコースを受講しても最後に考査が行われ、この考査の結果により処分期間が何日短くなるかが決まります。
023410停止処分者が講習を受けることにより短縮される日数は、処分日数が30日間の場合は20~29日、60日間の場合は24~30日、90日間の場合は35~45日、120日間の場合は40~60日、150日間の場合は50~70日、180日間の場合は60~80日です。特に処分日数が30日の場合は、処分が執行されたその日に短期講習を受け、講習後の考査の結果が良ければ、停止期間を処分の執行日1日だけにすることができ、翌日に免許証の返還を受けて再び運転することができます。

初心運転者期間制度と点数計算

初心運転者期間制度とは、運転初心者による事故の多さから、運転初心者に確実な運転を行うように指導し、技能だけでなく知識をしっかり身につけさせるために作られた制度です。道路交通法などを守らず、違反を繰り返す者に対して、技能や知識が十分定着していないと判断し、、点数計算をして、それに適った講習などを受けさせ、その後の交通事故を防止させる役目があります。初心運転者期間とは、普通免許や大型二輪免許、普通二輪免許、原付免許などの各免許取得後の1年間のことを指しています。停止期間は含まれません。この初心運転者期間内に違反などを犯した場合、点数計算を行い、その合計点数が3点を超えた時に、運転初心者講習が行われます。また、この講習に当てはまる運転者が、初心運転者講習を受講しない場合や、あるいは講習を受けた後も、初心運転者期間が終了するまでの間に違反などを犯すなどで、点数の合計が3点以上となった場合には、再度試験を受ける必要が生じます。再試験の不合格者、あるいは正当な理由なく再試験を受けなかった人は免許取り消しとなります。取消処分については欠格期間はありませんので、再度運転免許試験を受けることはできます。

免許証の取消し・停止について

自動車免許証とは、試験を合格した者に与えられるものですが、場合によっては、取り消される可能性があります。それは、運転中の重大な過失や違反を繰り返した者に下される罰則です。一般的に免許を取得する前に、自動車教習所に通い、自動車を運転する上での心得と、自動車の運転方法を学びます。そこで、教官に認めてもらい、試験を合格した者は、教習所で学ばなければならないルールと心得を理解したとされ、運転免許センターでの試験を受ける事が出来ます。ですが、違反や罰則を犯した方は、教習所での再度の講習や、免許センターや警察署での講習が行われます。そこで、再度ルールを学び、理解する機会が与えられます。免許を取得した方には、点数が付いており、違反をする毎に一定の点数が引かれていき、点数が無くなってしまうと、資格の取り消しや停止となります。また、飲酒運転やスピード違反などの危険行為は重大な過失とみなされ、即座に停止や取り消しなどの処置が下されます。この様に、ルールをきちんと守らないと、罰則が下されてしまいますので、注意しましょう。何故、罰則があるのかと言いますと、危険行為によって、歩行者などの交通弱者が危険にさらされてしまうからです。自動車を運転する際は、意識してルールを遵守しましょう。

仮運転免許

仮運転免許は、免許を取得希望者が、普通自動車や大型自動車の運転練習をする時および運転免許試験場で技能試験を受験する時に必要な免許です。一般的に略して仮免と呼ばれます。ただし仮免取得者は、運転練習時には、隣に第一種免許3年以上、あるいは第二種免許の保持者を乗せて運転する必要があります。また運転練習には、運転する車の前後の定められた位置にそれぞれ仮免許をしめす標識をつけることが義務付けられています。仮免許は、適性試験を受けた日から計算して6ヶ月有効です。年齢や視力、運動能力に問題がないことなどの取得条件を満たしていれば、各都道府県の公安委員会が管轄する運転免許試験場で適性試験と学科試験、技能試験を受験し、合格すれば取得することができますので必ずしも指定自動車教習所にでないと取得できないわけではありません。つまり運転免許試験場のいわゆる一発試験に合格できれば、一切教習を受けなくても仮免許は取得可能なのです。ですが運転免許試験場では、指定自動車教習所の技能検定より、合格点は同じですが、合格の採点基準などが非常に厳しいですし、不慣れなコースでの技能試験になりますので、一般的には指定自動車教習所で、技能教習と学科教習を受けたのち、指定自動車教習所内で仮免許試験を受験する者がほとんどです。

第二種運転免許 

運転免許には第二種運転免許という免許がありますが、この免許は一般的にはバスやタクシーなどの運転をする場合に必要となる資格です。 営業でお客を運搬する目的で車両運転をする場合、二種免許を取得していないものはこれを運転してはいけません。 これらの車両は営業ナンバーと言われる緑ナンバーを付けており、これを運転する時は二種が必要となります。 ただ、タクシーやバスと言っても実際のお客を乗せて賃走でなければ、空車による走行は第一種免許のみで運転しても違反にはならず、お客を乗せた場合は無免許運転となります。

019807一般的に街を走るタクシーやバス以外にハイヤーの運転手や観光バスの運転手などの全てがこの資格を取得していることが必要です。 意外な場所で走行する車両も二種が必要となる場合があり、保育園のお迎えバスの運転であっても二種が必要となります。 さらに、国内旅行や海外旅行時に利用する空港の中でパッセンジャーボーディングブリッジから離れた遠いスポットでの飛行機に乗り込む時にランプバスと言われるバスで飛行機の近くまで行き、タラップを利用して飛行機内に入ります。 このバスはグランドハンドリング会社により運行されますが、このバスの運転手も二種の資格が必要となります。

第一種運転免許

一般に運転免許と言えば第一種運転免許を思い出します。 なぜ、運転免許を一種というのかと言えば、運転免許は大きく分けて一種と二種に分類されているからです。 普通自動車の運転免許において第一種の場合、普通免許と言われます。 普通免許は自動車運転において基礎となるもので、その他の大型や大型特殊、中型、牽引など4輪以上で走行する多くの自動車はこの免許を持っていなければ、それらを取得することが出来ません。 言わば免許証の登竜門であると言えます。 一般的には自動車教習所に通い、免許を取得することが多いです。 一種免許はオートマチック限定というものがあり、この免許の取得者の場合、クラッチ操作が必要となるマニュアル車の運転が出来ません。 大型車両の運転を目指す場合、オートマチック限定免許の取得ではその後の大型免許が取得できません。 女性ドライバーの多くは新規で免許を取得する場合オートマチック限定で取る人が多いです。 一種免許は一般的な自動車運転に必要な資格であり、二種免許は営業目的で運転をする場合の資格となります。 一種と二種の違いの明確なものとして、一種は白ナンバー、二種は緑ナンバーと利用できる車両にその差があり、運転する時の責任性においても大きな差があります。

 

運転免許の種類と区分

自動車を運転するためには、免許を取得しなければなりません。どのような自動車を運転するのかによって、異なる免許を取得する必要があることに注意が必要です。最も一般的なのは普通免許と呼ばれる免許です。たいていの人が運転している自動車は、普通免許を取得することによって運転することができます。

しかし、免許には、他にも多くの種類があります。たとえば、大型のトラックなどを運転する場合の免許です。他には、タクシーなど、業務で他人を乗せるための二種免許という種類もあるのです。従事する業務に応じて、適切な区分の免許を取得しなければならないのです。タクシー業界などでは、就職した人に対して、二種免許を取得するための費用を負担してくれる会社もあります。

複数種類の運転免許を取得しておくと、さまざまな業務に就くことが可能になるため、大きなメリットになります。免許の種類によっては、運転経験が求められることもあるので、気をつけなければなりません。たとえば、普通免許であれば年齢制限の問題だけですが、大型免許になると、数年以上の運転経験がなければ、免許を取得することが認められないのです。制限に気をつけて、免許を取得することが大切です。