第一種運転免許

一般に運転免許と言えば第一種運転免許を思い出します。 なぜ、運転免許を一種というのかと言えば、運転免許は大きく分けて一種と二種に分類されているからです。 普通自動車の運転免許において第一種の場合、普通免許と言われます。 普通免許は自動車運転において基礎となるもので、その他の大型や大型特殊、中型、牽引など4輪以上で走行する多くの自動車はこの免許を持っていなければ、それらを取得することが出来ません。 言わば免許証の登竜門であると言えます。 一般的には自動車教習所に通い、免許を取得することが多いです。 一種免許はオートマチック限定というものがあり、この免許の取得者の場合、クラッチ操作が必要となるマニュアル車の運転が出来ません。 大型車両の運転を目指す場合、オートマチック限定免許の取得ではその後の大型免許が取得できません。 女性ドライバーの多くは新規で免許を取得する場合オートマチック限定で取る人が多いです。 一種免許は一般的な自動車運転に必要な資格であり、二種免許は営業目的で運転をする場合の資格となります。 一種と二種の違いの明確なものとして、一種は白ナンバー、二種は緑ナンバーと利用できる車両にその差があり、運転する時の責任性においても大きな差があります。

 

コメントは受け付けていません。