仮運転免許

仮運転免許は、免許を取得希望者が、普通自動車や大型自動車の運転練習をする時および運転免許試験場で技能試験を受験する時に必要な免許です。一般的に略して仮免と呼ばれます。ただし仮免取得者は、運転練習時には、隣に第一種免許3年以上、あるいは第二種免許の保持者を乗せて運転する必要があります。また運転練習には、運転する車の前後の定められた位置にそれぞれ仮免許をしめす標識をつけることが義務付けられています。仮免許は、適性試験を受けた日から計算して6ヶ月有効です。年齢や視力、運動能力に問題がないことなどの取得条件を満たしていれば、各都道府県の公安委員会が管轄する運転免許試験場で適性試験と学科試験、技能試験を受験し、合格すれば取得することができますので必ずしも指定自動車教習所にでないと取得できないわけではありません。つまり運転免許試験場のいわゆる一発試験に合格できれば、一切教習を受けなくても仮免許は取得可能なのです。ですが運転免許試験場では、指定自動車教習所の技能検定より、合格点は同じですが、合格の採点基準などが非常に厳しいですし、不慣れなコースでの技能試験になりますので、一般的には指定自動車教習所で、技能教習と学科教習を受けたのち、指定自動車教習所内で仮免許試験を受験する者がほとんどです。

コメントは受け付けていません。