免許証の取消し・停止について

自動車免許証とは、試験を合格した者に与えられるものですが、場合によっては、取り消される可能性があります。それは、運転中の重大な過失や違反を繰り返した者に下される罰則です。一般的に免許を取得する前に、自動車教習所に通い、自動車を運転する上での心得と、自動車の運転方法を学びます。そこで、教官に認めてもらい、試験を合格した者は、教習所で学ばなければならないルールと心得を理解したとされ、運転免許センターでの試験を受ける事が出来ます。ですが、違反や罰則を犯した方は、教習所での再度の講習や、免許センターや警察署での講習が行われます。そこで、再度ルールを学び、理解する機会が与えられます。免許を取得した方には、点数が付いており、違反をする毎に一定の点数が引かれていき、点数が無くなってしまうと、資格の取り消しや停止となります。また、飲酒運転やスピード違反などの危険行為は重大な過失とみなされ、即座に停止や取り消しなどの処置が下されます。この様に、ルールをきちんと守らないと、罰則が下されてしまいますので、注意しましょう。何故、罰則があるのかと言いますと、危険行為によって、歩行者などの交通弱者が危険にさらされてしまうからです。自動車を運転する際は、意識してルールを遵守しましょう。

コメントは受け付けていません。