初心運転者期間制度と点数計算

初心運転者期間制度とは、運転初心者による事故の多さから、運転初心者に確実な運転を行うように指導し、技能だけでなく知識をしっかり身につけさせるために作られた制度です。道路交通法などを守らず、違反を繰り返す者に対して、技能や知識が十分定着していないと判断し、、点数計算をして、それに適った講習などを受けさせ、その後の交通事故を防止させる役目があります。初心運転者期間とは、普通免許や大型二輪免許、普通二輪免許、原付免許などの各免許取得後の1年間のことを指しています。停止期間は含まれません。この初心運転者期間内に違反などを犯した場合、点数計算を行い、その合計点数が3点を超えた時に、運転初心者講習が行われます。また、この講習に当てはまる運転者が、初心運転者講習を受講しない場合や、あるいは講習を受けた後も、初心運転者期間が終了するまでの間に違反などを犯すなどで、点数の合計が3点以上となった場合には、再度試験を受ける必要が生じます。再試験の不合格者、あるいは正当な理由なく再試験を受けなかった人は免許取り消しとなります。取消処分については欠格期間はありませんので、再度運転免許試験を受けることはできます。

コメントは受け付けていません。